撮影技術

8項 レンズの使い方

カメラのレンズには、大きく分けて広角レンズ・標準レンズ・望遠レンズがあります。特殊レンズとしては魚眼・接写な・PCなどがあります。 レンズは撮影範囲を決める重要な役目があり、その使い方は写真家の写真表現に委ねられます。最近ズームレンズが一般的になり、写真愛好家の中 には自分の標準レンズを持たない方々が多くいます。目で撮る写真では基準となる自分の標準レンズが必要です。

レンズ(焦点距離と画角の違い)35mmフルサイズの場合

準広角(28mm)   パース効果

標準(50mm) 距離感が目に近い

中望遠(105mm    圧縮効果

カメラとレンズの関係

一般的にカメラにはフルサイズ(36x24)とAPSサイズ(24x16)などがあります。APSサイズはフルサイズより望遠(1.5倍)になります。 カメラの受光部の大きさで標準レンズの長さが変わります。(各メーカーの説明書を参照してください)

① 広角レンズの使い方

広角レンズは広さや大きさを表現します。人間の認識を越えた広角レンズは、その使い方で力強い写真も撮れます。性質と効果をよく理解して 使うと効果的です。

28mm

28mm

28mm

パース効果

パース効果は奥行きや広がりを表現するのに有効です。水平より上向きにすると先が細くなり、下向きにすると先が細くなる特性があります。

貴州省 中国              P. 植村正春

たんばらラベンダーパーク 群馬県    P. 植村正春

ケルンの家並み ドイツ         P. 植村正春

ローテンブルクの祭り ドイツ      P. 植村正春

デフォルメ効果

広角レンズは広く写すのが一般的ですが、一歩前に進んで撮影すると被写体が大きくなり、力強い写真になります。

ハスの花 奈良 奈良県         P. 小西勝博

バラ 八千代市 千葉県         P. 山﨑克己

五百羅漢 川越市   P.植村正春

ボタン 野田市    P.沢山美知子

赤い車 ロンドン イギリス       P. 植村正春

涅槃仏 ミャンマー           P. 植村正春

③ 望遠レンズの使い方

望遠レンズを望遠鏡と勘違いしていませんか。使いすぎると遠近感の無いパターン写真になります。望遠効果と圧縮効果を理解 して背景を引き寄せることができます。

望遠効果

シダレ桜(200mm) 三郷村 長野県   P. 植村正春

夕日と風車(300mm)オランダ      P. 植村正春

圧縮効果

トランスハイウエイ カナダ       P. 植村正春

シルエット サンフランシスコ USA   P. 植村正春

ボケ効果

青梅梅林 東京都            P. 植村正春

潮来の花嫁 千葉県           P. 知脇恭子

③ 接写レンズの使い方

接写レンズには標準(50mm)、中望遠(100mm)、望遠(180mm)などがあります。この違いはボケ味と背景処理です。 特にボケは撮影条件が違うと被写界震(F値)が変ります。目安として、F8を中心にボケを強くする場合は明るく、ピントを深く する場合は暗くして複数枚撮るとよいでしょう。※35mmカメラの場合

広角レンズの接写(24mm)       P. 熊谷隆雄

標準マクロ(50mm)          P. 植村正春

中望遠マクロ(100mm)         P. 石田晴子

中望遠マクロ(100mm)         P. 石田晴子

望遠マクロ(180mm)         P. 亀本美智子

望遠マクロ(180mm)         P. 亀本美智子

④ 特殊レンズ

ズームレンズの使い方

最近のレンズはズームレンズが主流になりました。1枚1枚の写真は単体レンズで撮った写真と同じです。便利ですが安易に使うと形だけの写真になりがちです。

ズームレンズの3連続撮影

眺める

注視

縦位置

撮影中にズーミング

横浜の夜景 神奈川県          P. 植村正春

時計 東京都              P. 植村正春

その他

魚眼・超接写・アオリ(建築用)・自由焦点・ソフト・超望遠どの特殊レンズは専門分野に開発されたものです。 目的に合った機材を正しく使うことをお勧めます。

魚眼レンズ ニューオリンズ USA   P. 植村正春

トンボ(超摂接写) 千葉県       P.植村正春

↑ ページの上部へ